50代女性その洋服だと老けて見えませんか?

断捨離・整理術

あなたの部屋のクローゼットにある洋服はどれだけあなたを幸せにしてくれていますか?「そんな大袈裟な…」と思うかもしれませんが、人が見て心地よいスタイリングは、あなた自身も幸せな気持ちにしてくれるものなので、決して大袈裟ではありません。同じファッションスタイリングでも、人によって若く見えたり、老けて見えたりすることってありませんか?今回はそんな疑問を紐解いて、あなたの若く見えるスタイリングをご紹介します。

自信が持てない洋服はもういらない

「素敵ですね♩」とか「カッコいいですね♩」なんて言われば嬉しいものですよね?そんな言葉をもらえれば、誰だって幸せな気分になれますし、自信もつきます。自信とは文字通り”自分を信じる”ということなので、その思いはある種のオーラのようなものをまとうのと同じです。

 

あなたの持っている洋服とこれから買うかもしれない洋服が「幸せな気持ち」にさせてくれないならば、それはかなり損をしていますし、老けて見えてしまう要因かもしれません。幸せな気持ちにさせてくれない洋服は、ただ単に「隠す」ためとか「とりあえず」とか「どれでもいっしょ」なんて投げやりな気持ちを抱かせてしまい、結果”ファッションに興味がない”となる可能性があります。

 

つまり、ファッションはあなたの気持ちすらもコントロールできるということ。「幸せな気持ち」にさせてくれる洋服は自信が出てくるので、あなたらしさも少しづつ見えてきますし、ショッピングの選択での間違いもほぼしなくなります。そして年相応のセンスが身に付き若々しく見えてくるものです。そうでない洋服は、いつも間違った選択をし、無理な若作りをしてしまい逆に”老け”を強調してしまうことすらあります。そのような洋服をなぜ買って、溜め込んでしまうのか?というその原因をなんなのでしょうか?

原因1:ほとんど試着をしない

気に入って買ったはずなのに、思っていた感じと違って袖を通さなくなた洋服はありませんか?この場合、大抵試着をしていないかセールで衝動買いしたなんていうパターンが多いです。逆に、ハンガーに吊るされている残り1着!なんてのは気になるけど、「似合うかしら?」と悩む。

あなたが着たイメージができない。そしてとりあえず「試着だけ…」としたつもりが、予想以上に体にフィットして気に入って買った、という事もありますよね?つまり、試着しないで買うのはギャンブルのようなものなのです。

原因2:セールに惑わされて買い込む

セールや決算時期のバーゲンなどはいつもより安いのでお得感があって、逆に「今、買っておかないと損!」みたいな気持ちにかられますよね?結構、衝動買いなども誘発されますので、結果着ないような洋服を買う機会が増えてしまうなんてこともよくあります。

例えば、「2着目は50%OFF」の札を見ると、「どうせ洗濯の時は、替えがいるし、着回しできるからお得よね!これを逃すと、もう買えないしね〜」と自分自身を納得させます。(笑)そもそも、似たようなものを着回ししたところでおしゃれにはなれるわけではないですし、それほど頻繁に着ないことに後で気が付きます。

このセールの問題は、”あまり試着をしない”ということもあります。フィッティングルームが混んでいると面倒なので試着しないわけです。そうすると、お直しがいらないサイズ。着た時のサイズ感の想定は「入らなくて着れない」ものを選択するより、「ゆったりした少し大きめのサイズ」で少しくらいサイズが合ってなくてもいいとギャンブル的に購入するのです。

原因3:いつも買っている店だから大丈夫という誤解

いつも買っている店でもいつもベストなものがあるわけではありません。私もブティックを経営していましたが、洋服単体で見てどれだけ素敵なものでも、その人に似合わなければ、フィットしなければ、それを伝えて決して売りません。

でも、これは経営的にはマイナス。販売すれば売り上げが上がるわけですが、クローゼットに眠らせてしまうのを分かって販売するのは洋服もその人も幸せになれないからです。いつも買っている店でも、必要以上の洋服は買うことはないのです。

若々しく見えるのはやはりフィット感

サイズがあっていない洋服はだらしなく見えるだけでなく、清潔感も半減させる威力があります。歳を重ねると確かに体型の変化もあるものなので、「楽」という理由で、ワンサイズ上の服を着る方がとても多いです。

これは、実際より体が横に大きく見えてしまい、見た目で損をします。ジャストサイズの洋服はパリッと見え、清潔感もあります。歳とともに変わってしまった体型に改めて向き合って、あなたのジャストサイズを測っておきましょう。

合わない洋服は断捨離かお直しがおすすめ

サイズが合わなくて着なくなった洋服は断捨離するか、お直しをして着れる可能性があるものはお直ししてみるのもありです。袖や着丈が長すぎるとか、で着なくなったものであれば、お直しまで甦ります。変に新しいものを買うよりも、元々好きで買ったものであれば、結果的に費用対効果は高くなりますよ。

人は見た目が9割は本当?

あなたの装い次第で、幸せ度数が上がったり下がったりすることを解説してきました。ファッションは言葉や態度でだけでは伝わらないものを表現してくれるツールでもあるのです。せっかく着るのでしたら、そのチカラを借りない手はないわけです。わかりやすいのは”制服”ですよね?

 

着てる本人の気持ちも変わりますし、見る人の印象だって言葉や態度なしでも伝わりますよね?私たち50代女性は普段、制服などは着る機会がある人は多くないと思いますが、言うならばあなたらしさが表現できる普段着が”あなた専用の制服”です。それで元気がでたり、気合いが入ったり、幸せになったりするもの。たかがファッション、されどファッションなのです。

 

試着するときの4つのポイント
身幅:ルーズ・タイトでないか
着丈・袖丈はイメージしたものか
肩幅は合っているか
大きく(太って)見えないか

今日もお読みいただきありがとうございました

関連記事

特集記事

人気の記事

  1. 1

    50代女性のファッション「あなたがなりたい」をお手本にすべき理由

  2. 2

    50代女性が意識するべきおしゃれ3大重要ポイント

  3. 3

    50代女性の気になるボディラインから注意をそらす3つの方法

  4. 4

    50代女性 バッグを選ぶコツ

ERIKO

ERIKO

ブティック経営歴24年のERIKOが、人には聞けないファッションに関する知識やTips、50代女性のためのお悩み解決を発信しているブログです。

高評価ありがとうございます♪

TOP