50代女性のファッションで年齢を感じさせない工夫

おしゃれの悩み

50代の無理な若作りファッションは痛い?

母娘がいっしょにショッピングに行く、微笑ましい光景は今も昔も変わりません。娘が少し大人ぶってママのような格好をしたがったものですが、最近ではママが娘と同じような格好をしている人を見かけます。

 

50代女性が年齢を感じさせないよう精一杯の努力なのだと思いますが、50代ともなれば、20代の流行りの洋服をまとうのはかなり無理があるように思います。もちろん、好みなのでそれで「自分を主張したい」という考え方もありますが、ファッションで周りの人に、どんな印象を与えるかというのも大切だと思います。

 

確かにデパートのミセスコーナーには量産された「いかにも50、60代の女性が着るような洋服」が・・・だいたい着やすさ重視で大きめサイズなので、あからさまにオバさんテイストのものが目に付きます。しかも、ショップの店員さんは、何を試着しても「お似合いです!」なんて心にもないことを言われるとゲンナリする気持ちもわかります。前置きが長くなりましたが、今回は50代以上の年齢を感じさせないファッションについてご紹介しますね。

年相応だから年齢を感じさせない

50代ともなると、50年以上の自分の生き様が外見にあらわれてきます。50年の”生き様”を背負いながら20代の格好をするとどうしても”違和感”があります。この違和感は逆に年齢を感じさせてしまうので逆効果になります。

 

ファッションはそれを自分が着て”見られてる”わけですから自分の主観よりも、人に見られている客観的印象の方が大切だとするのも間違いではありません。でも、「どう見られる」を軸に考えると、無理な若作りは滑稽になってしまいがち。年相応で素敵に見えた方がカッコイイですし、誰もが一目置くように感じるものです。

ファッションセンス磨きを楽しむ工夫

40代を超えた時点でこれまでの若い時の服は馴染んでこなくなります。とはいえ、全身を高級ブランドで覆い尽くして、マダムやセレブ風を演出しても、着こなしが上手じゃないと、薄いメッキにしか見えないのもまた事実。

 

ここは、自分に似合うもの、好きな色・形を軸にスタイルを作って、それにほんの少し流行を取り入れる。年齢を自覚して、体型や肌年齢・全体の雰囲気から出るその年齢の良さをアピールすることです。そんな創意工夫することで、ファッションセンスが磨かれていきますよ。ここは、ブランドや高い安いに関係なく自分に似合う色の服、形、デザインを見つけましょう!

アート感覚でファッションセンスを磨いていく

まずは「オシャレになりたい」「センス良くなりたい」という前向きな気持ちが大前提ですが、失敗を繰り返しながらも経験の積み重ねでセンスを身に付けることを意識しましょう icon-heart-o

 

fashionセンス”とは直感的、感覚的、瞬間的、アート的な”個性の表現力”とも言えるので、あなた自身をキャンパスに見立てて、「ぬりえ」をするようなイメージで楽しむことが大切です。あれもいい、これもいいといろんなことに捉われないで、好きで似合うものを徹底的に探す。これは絵を完成させるためのクレヨンを探すようなイメージだとも言えますね。

 

多くの方は尻込みして「私には無理だわ」と諦めてしまうことも多いのですが、それは楽しみ方を知らないから。これはもったいないです。楽しみ方は人それぞれなのでマニュアルにはできませんが、これを楽しめるようになるだけで、雰囲気が若返ります。こんなワクワクした気持ちを持てるだけで、年齢を感じさせない雰囲気がにじみ出てきますよ♪

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

関連記事

特集記事

人気の記事

  1. 1

    50代女性のファッション「あなたがなりたい」をお手本にすべき理由

  2. 2

    50代女性が意識するべきおしゃれ3大重要ポイント

  3. 3

    50代女性の気になるボディラインから注意をそらす3つの方法

  4. 4

    50代女性 バッグを選ぶコツ

ERIKO

ERIKO

ブティック経営歴24年のERIKOが、人には聞けないファッションに関する知識やTips、50代女性のためのお悩み解決を発信しているブログです。

高評価ありがとうございます♪

TOP