50代こそ “老ける女”って呼ばせない!

お洒落センス磨き方

同じ歳を重ねるにしても、より可愛く、よりキレイでいたいと思うのは誰しもが持つ女心。年齢を逆回転させることは不可能ですが、心のあり方次第で女は長くキレイにもいられるし、一方ではすぐに老け込んだりもします。今日はポジティブなあなたに若々しくいるためのヒントになる内容です。

ファッションも心のあり方が大事

オネエタレントの植松晃士さんの“老ける女”と“老けない女”というコメントが掲載されているこんな記事を見つけたのでご紹介します。

植松語録 その1
「老ける女の特長は ①怠惰 ②がんこ、わがまま ③我が身を顧みない」

年齢を重ねたことで、若い頃のように飲み会に誘われなくなったり、ちやほやされなくなるのは仕方のないこと。

「でもそこで、『どうせ私、もう若くないし~』なんて開き直るのはダメよぉ。

開き直りって、“老い”からくる頑固さのことなの。開き直ると、人は離れていくし、一人で行動しているうちに他人にあわせられなくなるし、意見を聞くこともできなくなっちゃう。
ますます老けてオバサン一直線よ!」

植松語録 その2
「大切なのは“若々しく”なろうってコト。“若く”なろうじゃなくてね」
植松語録 その3
「目指すべきは“素敵な女性”!“素敵は無敵”なのよ~?」

元記事「VOCE」はこちら

歯に衣を着せぬ物言いは、さすがファッションメンターの植松さんのコメント。まったく同感ですが、あなたはどうお感じになりましたか?”年齢を感じさせない若々しさ”というのは性格やライフスタイルからにじみ出るものだということ。このブログでもセンスを磨くためのヒントをご紹介してきましたが、お伝えしていることは、言い方は違いますが同じメッセージを込めています。

 

植松さんの言葉を借りれば、「怠惰 がんこ、わがまま 我が身を顧みない」という心のあり方は、結局センスも磨けず、「おしゃれも楽しめないオバさん一直線」になるとのことですが、方法論や着方のノウハウなどを先に持ってきていないところがポイントだと思います。

 

”若さ”というオブラートが使えない50代女性にとっては怠け心は大敵なんです。でも、私が言いたいのは「やらなければ!」という義務感では続かないので、あくまでもおしゃれの工夫する”楽しみ”を見つけましょう!ということなのです。それでファッションセンスを少しづつ磨書かれていくものなので、今日雑誌を見て今日からいきなりセンスアップするような単純なものではありません。

おしゃれに使う時間はどれくらい?

何気なく「オシャレなんて私にはね…なかなか時間もお金もないのよね〜」とこぼしてしまう…。これも「老ける女」のさりげない一言だと思います。お金をかければ絶対おしゃれになれるわけではないし、時間はあなたの時間の使い方次第だと思います。

 

アラフィフ女子ともなれば、若い子よりはおしゃれを楽しむ時間に少し余裕を見せたいものですよね。お金は使える範囲で考えるだけでも十分だし、出歩いて街のおしゃれなものを見てリサーチしてるだけでも刺激にもなるし、イメージトレーニングにもなるのでオススメです。

意識してオシャレ行動してみる

言葉に同意して「そうねそうね」などと、言ってるだけでは何も変わりません。是非、その言葉を見える形で表現してみましょう。街に出歩く前には鏡で全身を見て、全体の印象がどう映るのかということを確かめる癖をつけて意識を高めていくことも大事です。

 

”オバさん”というちょっと意地悪に聞こえる呼び名はもはや年齢を対象にしているのではなく、怠惰・わがまま・頑固などなどの「オバさんらしい」態度からきているものなのだと思います。植松さんの辛口言葉は愛ある言葉なので、是非心がけてみてくださいね。

 

素敵な女性は、年を重ねても「オバさん」と言わせないオーラを発しているものだと思います。少なくとも私はそのように思って生きていますよ年齢を感じさせない素敵な女性を目指しましょう!

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

関連記事

特集記事

人気の記事

  1. 1

    50代女性が意識するべきおしゃれ3大重要ポイント

  2. 2

    50代女性のファッション「あなたがなりたい」をお手本にすべき理由

  3. 3

    50代女性の気になるボディラインから注意をそらす3つの方法

  4. 4

    50代女性 バッグを選ぶコツ

ERIKO

ERIKO

ブティック経営歴24年のERIKOが、人には聞けないファッションに関する知識やTips、50代女性のためのお悩み解決を発信しているブログです。

高評価ありがとうございます♪

TOP