50代女性 あなたらしくないファッションはNG!?

お洒落センス磨き方

40代以上であろう女性が、雑誌で切り抜いたような流行最先端風なファッションを街でよく見かけるのですが、残念ながら違和感を抱いてしまうことが多いです。時にはまるでティーンエイジャーの娘のような格好もお見かけします。あくまでも私の主観ですが、これだととても年相応のオシャレとは言えません。

同様に、50代以上の女性が一番キレイに見えるファッションスタイルはあるはずなのですが、自分自身のことをよく知らずに、トレンドを追いかけても自分らしいスタイルにはなりません。そこで、今回は自分自身のことをもっとよく知って、自分スタイルを作るという内容です。是非、最後までお読みくださいね。

流行・トレンドの弊害

トレンドを意識しておしゃれ感覚も持っていても、体型に合っていなければそのオシャレは100%発揮されません。例えば、ぽっちゃりの方が、シャツの素材が綿の硬めタイプで”型“が残るようなもの(クリーニングで仕上がったばかりのノリでパリっとした感じ)を着ると、シャツが膨らんだままになってしまいやすいので”“が際立ってしまうことがあります。

 

さらには、シャツをパンツにINしていたので、さらに膨らみやすい。仮に、楽そうなガウチョパンツにタックが入ったものなどをチョイスしている場合は、太って見えてしまうポイントがいくつも目についてくるわけです。この場合は、型が残らない柔らかめの素材を選部のがベストです。

自分の全体像を確認してみる

ファッションについての悩みは、一人一人体型によって個々のパーツが違い、人の意見もあまり参考にならない・・・で、体型に合う洋服を見つけるのが難しいということ。そして、もう一つは全体のバランスが取れないということなのではないでしょうか?

 

このブログでもそれぞれの体型の特徴に合わせて、ワンポイントアドバイスをさせていただいていますが、アドバイスはほんの一部にすぎません。人によってはそれが当てハマらない場合もありますので、そのポイントアドバイスを取り入れながら、常に全体を意識していろいろ試していく必要があるのです。

 

例えば、細身の方ですとスリム系のスタイルが合うというのは想像できると思いますが、仮に“細身でも顔が大きい”となると、スリム系が強調されたスタイルは顔が大きく見えてバランスを崩すことになってしまう可能性があります。部分しか見ないとこのようなミスをしがちで、しかもそれに自分で気づくのはなかなか難しいものがあります。

 

このような、部分的にはベストだと思っても、全体で見るとイマイチのような矛盾が起こってしまうことにファッションの難しさがあるわけです。自分のことをよく知るということは、ある意味この矛盾を解決する近道なのです。

 

処方箋(洋服)を持ってくる前には診断が必要です。お腹がいたい時に「整骨院」にはいかないし、「バファリン」を飲まないのと同じことです。つまり、何を変える必要があるのかという問題を自分で知っておくということが大切なんですよね。

関連記事

特集記事

人気の記事

  1. 1

    50代女性のファッション「あなたがなりたい」をお手本にすべき理由

  2. 2

    50代女性が意識するべきおしゃれ3大重要ポイント

  3. 3

    50代女性の気になるボディラインから注意をそらす3つの方法

  4. 4

    50代女性 バッグを選ぶコツ

ERIKO

ERIKO

ブティック経営歴24年のERIKOが、人には聞けないファッションに関する知識やTips、50代女性のためのお悩み解決を発信しているブログです。

高評価ありがとうございます♪

TOP